[PR] PHP みゅう雑記in神戸 モルディブ・ヴィリヴァル

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2004.11.26 (Fri)

とうとうモルディブ最終日

朝いつもどおり早く目が覚めた。今日でヴィリヴァルともお別れなんだなぁって思うとすごく寂しい。

朝食はいつもより少し遅い7時半に。この朝食も今日で最後。

9時ごろダイビングショップへ。
今日は潜れないんだけどなんかみんなの顔が見たくてね。

なかなかドーニが来なくて皆まったりとドーニを待つ。
今日日本へ帰るというと皆寂しそうにしてくれるので余計に帰りたくなくなる。

今日はドーニのクルーへのチップを持ってきた。
チップ箱はダイビングショップにあるのでそこに入れる。1ドル札ばかりを持っていったけど箱を持ってみるとジャラジャラ音が。小銭でも良かったのかー。

ヨハン達一団はドーニへ。シャミーは今日はオープンウォーターの講習を担当している。
滞在中オープンウォーター(ダイビングのCカードをとる)やアドバンスの講習をしている人は結構多かった。ここで講習を受けたら楽しいだろうな。宿題は嫌だけど。

b9ef7767s.jpg

シャミーが着ているTシャツがステキだったので写真に撮ってみた。
これは9月にジンベイが出た日に作った記念Tシャツらしい。
お隣のビヤドゥでオーダーメイドしたらしい。そういえばビヤドゥの売店でTシャツのオーダーをしていたなぁ。
私も欲しい!!って思ったけど、今日帰るし・・・。残念。

a41a874as.jpg

その後ヴィリヴァルでちょっとシュノーケリング。晴れたり曇ったりの微妙な天気の中、結構海の中は綺麗。

大きなハタがいたよ。

7549f6f9s.jpg

シュノーケリングの後は10時15分のシャトルドーニでビヤドゥへ。

どうしてもビヤドゥでもう一度シュノーケリングがしたくて。執念です。せっかくリゾートに来たのにじっとしていられなかった!

今日は粗相のないようにフロントでビヤドゥ行きのドーニの桟橋をちゃんと聞きに行きました。この写真は夜に撮ったものですが、ビヤドゥとヴィリヴァルを往復するシャトルドーニです。

19ad6a7bs.jpg

ビヤドゥの小さい桟橋から入ってシュノーケリング。
今日はなかなか綺麗。頑張って来て良かった。 再びヴィリヴァルに戻ってランチ。

これでレストランも最後。私の担当だったアビちゃん(←自分でちゃん付けしてましたw)ともお別れ。

滞在中のチップをまとめて渡す。
しきりに日本語で「サミシイネ~」って言っていました。私も寂しいよ。

c496befbs.jpg

ヴィリヴァルは最終日部屋が空いていると12時のチェックアウトを無料で15時にしてもらえる。

私達が泊まっている日も15時チェックアウトでした。(だからビヤドゥとか行ってたんだけど)

3時ちょうどに「コンコン」ってスタッフが・・・。スーツケースを部屋の前に出してこの部屋ともお別れ。・・・って言ってもほとんど寝る時以外は部屋にいなかった。

レセプションで精算。今回もチップ用の1ドル札しか持っていかなかったので、カードで精算。なんかあっけない。

それからボートの出発時間までバーでまったりする。
バーでビールを飲みたかったけどトイレが近くなると困るので泣く泣く諦めた。今日も風が強くてボートが揺れるのが予想されたので酔い止めを飲んだ。

4時にバーへ迎えが来る。
桟橋へ行く途中にボートダイブから帰ってきたばかりのヨハンとその他のダイバーが手を振ってくれた。

桟橋にはシャミーが。真剣に帰りたくないって思った。泣きそうだったもん私。
シャミーにはまた来るよって言いたかったけどそれが言えないことが寂しい。(ヴィリヴァルは今年いっぱいでクローズします)

2c898b26s.jpg

マーレまではこのボートで。
おじさんが立っているこのボートの横をカニ歩きをして乗り込む。落ちそうで超怖い!

シャミーが手を振る中出発。途中ビヤドゥへ寄ってからマーレへ。

40cf947bs.jpg

写真は船に乗っていたオトコマエ。顔小さい!手足長い!
(ここは操縦席ではありません)たまに無人になり手放しで操縦かよぉ!って思ったら上にあったんです。

なんて呑気なこと思ったのも束の間。
ボートは激揺れ!!!!!

ディズニーランドのスプラッシュマウンテン(急流すべりだっけ?)100回乗りました!って感じの揺れ。ボッコボッコ飛ばされました。必死でしがみついてました。これは酔い止め飲んでいてもやばい。あまりの恐怖にナイーブな私(?)は過喚起を起こしてしまいました。手足しびれるぅ・・・。

7719ab66s.jpg

ボートは結構なスピードで海の上をボコボコ飛びまくり、モルディブ人のお兄ちゃんたちはそれを楽しんでいる・・・。

マーレまでまだかいなぁって思っていると遠くにラグーナビーチの水コテが見えて、それから近くにヴァドゥの水コテが(写真)。写真を撮ろうとねばるけど、ボートの揺れがすごいんでなかなかうまく撮れない。やっとうまく撮れたと思ったのに帰国してから見たら思いっきりブレてる!

5f42f343s.jpg

40分ほどでマーレが見えてきて、空港島フルレに到着。

モルディブ人に何度も「マーレ?マーレ?」「イエース。マーレ」なんて会話をしてました。馬鹿にゃん。早くボートを降りたい一心でした。

フルレに着くと急に元気になった。それにしても風が強いとこんなにすごいとは・・・。弱い人は酔い止め必携です。

日本人係員よりリコンファーム済みの航空券を受け取り、空港をブラブラ。暇なので早めに出国しました。免税店はだいたい内容を知っていたので冷やかしただけ。ハネムーナーの人はお土産困るだろうな。
お土産屋さんでカレーの作り方の紙をもらった。ヴィリヴァルでカレーは毎日食べたのでさすがにカレー粉を買う気にはならなかったけど、1ドルぐらいでスパイスはいろいろ売っていますよ。

その後スリランカ航空でスリランカのコロンボへ。
コロンボでは紅茶ショップがあるって聞いていたのでお土産はもともとここで買うことにしていたの。お店は小さくて狭いので行列ができますが、安いです。

が、スリランカの空港はちょっと雰囲気が違いましたね。トイレへ行くと紙をくれたり水を出してくれたりする人がいますが接触したらダメです。お金を取られるらしい。
私も紙をくれる女の人に遭遇したけど無視しましたよ。だって本当にお金ないんだもん。
なんだかモルディブ最後にちょっと気分悪くなったけど、スリランカの空港にいる女性係員のサリー姿がとても美しかったです。それぐらいしかいいとこなかった。

それから再びスリランカ航空で日本へ。
窓側の2列席に入ったけど、ちょうど前の席に空席ができたので2列席を1人ずつで横になれた。

私はスパイダーマン2をやっていたので観た。旦那は速攻で爆睡体制。

さすがに機内食は日本食を選んでしまった(笑)でもイマイチかな。
最後にコニャックを一気飲みして寝ました。機内は割りと寒かったです。乾燥するので防寒と保湿、マスクは必携です。

あっという間に起きると日本上空。
朝食を食べたら着陸。私は神戸なので関西上空を通過する時はちょっと悲しい。

成田に着いた。荷物をとって、ここからが長いの。

大阪からだとスリランカ航空は無料航空券が付くんですが・・・。

まず成田から羽田へリムジンバスで。(普通に買ったら3000円もするんだよ。タダだけど)羽田に着いたらどうしても滞在中に食べたかったお寿司を。そういえば前もモルディブから帰った日に寿司を食べたなぁ。

そして羽田から大阪(伊丹)まで国内線で。
そこからまた神戸行きのバスに。

家に帰ったら7時前。長かったけど意外と元気。日本は結構暖かかったので助かった。

こうしてモルディブ旅行は体調を崩すこともなく大成功で終わりました。
今まで読んでくださった皆さんありがとうございます。


スポンサーサイト
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  モルディブ・ヴィリヴァル  |  トラックバック(0)  |  Top↑

2004.11.25 (Thu)

モルディブ8日目

モルディブへ来てもう8日目。
飽きるどころかなんかここにいる自分が本物で神戸にいる私は夢だったのかなって錯覚まで起こしてきた(笑)
食事も慣れるものです。体調も日本にいるときよりすこぶる快調。フィリティヨで腹を壊していた私は一体なんだったんだろう。

朝レストランへ行くと今晩はビーチバーベキューが行われるらしい。追加料金は15ドル。なんかすごく楽しみだけどちょっと天気が心配・・・。

いつものようにダイビングショップへ。
今日もヴィリヴァルオンリーのドーニです。

2a1aaaf2s.jpg

今日は何とか天気が良かったのですが、強風が吹いているので波がめちゃ高い!
ダイブサイトまで行くといつもガイドさんが先に海に入って潮の流れを確認するんだけど、今日はすごい波でガイドさんが流されていかれないか心配になるぐらいだった。ガイドさんを待っている間船はジェットコースターのごとく揺れて必死で皆ドーニにしがみついた。酔い止め飲んでて良かった。

ダイブサイトは高波のため変更に。そりゃあこんな所で潜ったらキケンだわ。

近場のココアに変更。
ココアの水コテを横目に見ながら潜降開始。

波が高いのでどんどんラグーンの浅い方へ流される。 実は今日でダイビングは最後。午後はあと1本を残すのみ。

こんなにダイビングが心から楽しいって思えたのは初めて。いつもは不安を抱えながらのダイビングだったから。

c173232cs.jpg

昼レストランへ行くとウェイターに今日は天気が悪いからビーチバーベキューはできないかも・・・って言われた。やっぱりな。10日もいるのにね。

昼からもダイビングショップへ。最後のダイビングは・・・・

イギリス人のオッチャンより「天候不順でボートが出ないよ。オーマイガッ!!」と知らされる。

ボートが出ないって??帰ってゆく人もいる中最後の1本が諦められない私達はシャミーに「ハウスリーフはOK?」と聞いてみた。
さすがヴィリヴァル。ハウスリーフはOKだった。

バディ(旦那)と二人だけでガイドナシの初ダイビング。
パッセージ1からエントリーすることに。
ちょっとドキドキしたけどシャミーが丁寧にブリーフィングをしてくれた。

タンクを背負ってビーチを歩く。
海に入るとすぐに深くなるので楽です。

b84413f1s.jpg

潜降するとすごく綺麗! ビーチダイビングをもっとしなかったことにちょっと後悔してしまうぐらい美しい海の中。魚も多いです!

dfe6f72ds.jpg


2人だけで潜ると自分の好きな場所をじっくり見られるという利点がありますね。

クマノミが大好きな私はクマノミをゆっくりじっくり堪能! 大満足のハウスリーフのダイビングを終えて、今日は最後の夜。

結局ビーチバーベキューは実現しませんでしたが、今日はレストランへ浴衣を着て行きました。

はっきり言ってカジュアルなリゾートですので浴衣は結構勇気要りました。
レストランへ入るとみんなの注目を浴びてしまってちょっと恥ずかしかった。

夕食の後バーへ行ってカクテルを飲みました。いつもはビールを飲んで早く寝るんだけど今日で最後だからね。

カウンターで飲んでいるとダイビングで一緒になったイギリス人が。私の浴衣を見てファンタスティックって言ってくれました。
イギリスの伝統衣装ではスカートをはくんだよって教えてくれた。このオッチャンのスカート姿想像すると結構かわいいかも。

なんかこのリゾートになじんできて顔見知りも多くなってきてなんで明日帰るんだろうって思う。今回は一度も帰りたいって思わなかった。
この気持ちはタイ以来かも。いつも旅行へ行くと帰りたくなる私だから。

人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  モルディブ・ヴィリヴァル  |  トラックバック(0)  |  Top↑

 | HOME |  NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。