[PR] PHP みゅう雑記in神戸 タイ・ウボンラチャターニ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.07 (Mon)

エアーアジア(格安航空会社)でウボンラチャターニからバンコクへ(タイ)

今回はウボンに一泊するかどうかかなり悩んだのですが航空券が8日しかなかったのでそのまま当日中にバンコクへ戻ることにしました。

ラオスのパクセからタイのウボンに戻ったのが11時ごろ。バスターミナルからトゥクトゥクで空港へ。ちなみにウボンの空港は飛行機の発着時間のみしかほぼ機能していないのでトゥクトゥクやソンテウなどは常駐していません。そのままウボンの街中へ戻る場合は待っていてもらったほうがいいです。


空港内へ入るときには必ず荷物を一度機械に通さないといけないのがちょっと面倒臭いです。空港自体は小さいのですぐにエアーアジアのカウンターが見えてきます。飛行機の発着が無いときは空港内は電気もついていなくてほぼ無人ですがエアーアジアのカウンターは常に人がいる状態だと思います。

ここでバンコク(スワンナプームの新空港)行きのチケットを買いました。15時半発バンコクに着くのは16時半。税金など込みで一人1500バーツでした。エアーアジアのホームページ(日本語ではありませんが)から事前に予約すればもっと安くなると思います。

チケットを買ったらウボンの街へ戻ってお昼を食べて、ちょっと散策。


ムーン川横の市場を見て。


ネコ屋敷(私が勝手に呼んでいる)にネコを探しに行って。


公園横では夜の屋台の準備が始まっていました。


飛行機の時間が近づいてきたのでサムローのお兄ちゃんをつかまえて空港まで。カメラを構えたらポーズをとってくれました。私たち二人と荷物を載せて・・・。ちょっとかわいそうだったかな?


エアーアジアは何度かディレイに遭っていますがこの日は定刻どおりスワンナプームに着陸です。

あっという間の駆け足ラオス。長期の日程が取れなくてもこれだけ周れます!っていうことで。

次のページへ

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  タイ・ウボンラチャターニ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

2008.04.06 (Sun)

ウボンラチャターニでお昼ごはん(タイ)

ラオスのパクセからタイのウボンラチャターニへ戻りました。陸続きの国って島国日本に住んでいる私にはちょっと不思議な感じです。さっきまでラオスにいたのに・・・。

バスターミナルからまずは空港へ行ってエアーアジアのチケットを買ってから(明日の記事で詳しく書きます)ウボンの街へ。以前ラープが美味しいお店があったのでうろ覚えの記憶のまま行ってみました。記憶のままそのお店はありました。でもラープはその日は食べられなかったんですけど。(過去記事はコチラ


入り口はこんな感じ。


とりあえずは焼き鳥を指差し注文して中へ。


まずはビール!久しぶりのシンハー。

ここのお店は基本タイ語しか通じないです。いつもとっても上品なおばあちゃんがいるのですが、その人なら英語が通じます。


ガイヤーン(焼き鳥)が来ました!なんだかんだ言って毎日食べているような気がしますが飽きませんねぇ。


ソムタムタイ。やっぱりソムタムはイサーン(東北地方)で食べるのが一番美味しいですね。


ソムタムはお隣の屋台で注文します。


もちろんカオニャオ(もち米)と一緒に。

私はソムタムとカオニャオでお腹いっぱいになったのですが、旦那はもう一軒麺が食べたい!と言ったので麺屋さんへ。(タイへ行くと確実に胃袋が大きくなります!)


入り口で卵麺(バミー)を置いているのを確認してお店の中に。ちなみにお店の場所はトゥンシームアン公園近くだったように思います。うろ覚え。


入り口が厨房になっています。


今度はビアチャンを氷入りで。


バーミーナム。


ここのは麺が結構太め。美味しかったそうです。

お腹いっぱいになったらウボンを散策してその後はバンコクに戻ります。

次のページへ

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 海外情報

人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  タイ・ウボンラチャターニ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

 | HOME |  NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。