[PR] PHP みゅう雑記in神戸 2005年02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.02.15 (Tue)

サイパンでダイビング(松安丸)

8e39ddd3s.jpg

1本目のイーグルレイシティの大満足ダイビングを終えるとボートはマニャガハ島近くの波の少ないところへ。ここで水面休息をとる。

マニャガハ島は私が初めてサイパンへ行って、初めてシュノーケリングをした思い出の場所です。このシュノーケリングで世界が変わりました。大げさかもしれないけど本当に感動しました。そして今の私があるのかも。

この日もマニャガハ島はとてもにぎわっていました。・・・が、だんだん雲行きが怪しくなってきた。私は早速シュノーケルとフィンをつけて海の中へ。マニャガハでのシュノーケリングがどうしてもしたくて・・・その希望がかないました。

岸からそんなに離れていませんが遊泳区域からははずれているので人はいません。海の中は結構魚がいっぱいいてシュノーケリングといえどもなかなか侮れません。

f2fa361ds.jpg

今回も海の中へ一番乗り。耳抜きがとても苦手な私ですがなんとか最後のほうは慣れたみたいで水底まですぐ行くことができました。

松安丸。沈船です。

サイパンのフリーペーパーHAFADAI(ハファダイ)2月号にこの松安丸の話が出ていました。サイパンへ行かれる方は是非読んでみてください。

9fb57f8fs.jpg

船自体は原形をとどめていませんがさすがに魚が多いです。どちらかというと透明度が良くて魚の少ないイメージのサイパンですがここはすごいです。

7b61c976s.jpg

エンジン音が近づいてきた・・・と思ったら海中展望船でした。この船で松安丸を見に来ていました。

29669840s.jpg

潜水艦は餌付けをしながら運航しているようで魚がいっぱい集まっています。

ガラス越しに中の人の姿が見えました。あれ?こっちに手を振っている?っというわけで潜水艦に向かって手を振りました。

なんか水族館の魚の気分ですね。

でもダイビングって水が怖いとか体力がないとかでなかなか踏み切れない人が多いと思うんですが(私も最近までその中の一人でしたが)この船に乗ればタンクを背負うことも耳抜きに苦しむこともなく私たちと同じ海の中を見られるんです。すごいですね。

サイパンへ行く際には海を上から眺めるだけじゃなくてぜひとも海の中も見て欲しいなぁ。

9fb57f8fs.jpg

船の周りには珊瑚が根付き、魚の住処となっています。

811cb19bs.jpg

曇っていた空が晴れてきて光が差し込んできました。

26d08887s.jpg

船の根元の砂地にいたヤマブキハゼ。おちゃめな顔がかわいい。

11903158s.jpg

これは形が面白いですがウミウシです。クサリミノウミウシ。こんな形のは初めて見ました。

4b079d24s.jpg

ここが一番心に残ったポイントでした。オススメです。

3日間で結局8本潜る事ができました。ショップとガイドさんを2人で貸切状態でしたのでポイントのリクエストにも応じてくださり大変楽しい時間を過ごすことができました。
何よりもリラックスできたことが一番良かったです。日本から3時間少しで行ける南国サイパン。近いといってもなかなか海は素晴らしく侮れません。

今回はモルディブでダイビングをするためのスキルアップの練習・・・という名目で行ったのですが、練習なんて言葉を使ったら失礼ですね。本当に充実の日々でした。またサイパンへ行きたいなって思います。

スポンサーサイト
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  サイパン  |  トラックバック(0)  |  Top↑

2005.02.15 (Tue)

サイパンでダイビング(イーグルレイシティ)

35e1ba1ds.jpg

最終日はボートダイビングでした。飛行機に乗る18時間前にはダイビングを終了しなければいけないので最終日は午前中のみ。

今日の1本目はサイパンの今の季節の大本命イーグルレシシティです。名前のまんまですがマダラトビエイを見るスポットです。

この日の水温は27.6度でした。水温は高いのですがエイを見るためには水底で岩をつかんでじっとしていなければいけないので2ミリのウェットスーツの旦那は水底で凍えていました。そして同じボートに乗り合わせた他のショップの男性チームではウェットスーツなしというツワモノ(?)もいてかなり凍えていました。5ミリスーツで行かないと寒いですね。

57c83142s.jpg

ポイントに着くと私たちのチームはあらかじめセッティングが終わっているので一番初めにエントリー。水底も一番乗りでエイをじっくり見られるベストポジションを確保。 この日は残念なことにカレント(流れ)がほとんどなし。流れがないとエイの枚数が少ないと聞いていたのでちょっと焦った。最大深度は10.6メートル。水底は砂地。砂を巻き上げないようにそろりそろりと岩の所まで。

するとぼやーんとエイのシルエットが浮かんできて・・・。来ました!!今日は少な目の20枚ほど。多い日は50枚ぐらい乱舞するそうです。

d93d2442s.jpg

いいポジションにいたのでエイがだんだん近づいてきてついには頭の上まで!!これは興奮しますね。息がハァハァなっちまいました。

この写真のエイの顔を良く見てください。なんか笑ってるよね。 天気は曇っていましたがだんだん晴れてきました。晴れてくるとめちゃきれい。自分がエイと一緒に空を飛んでいるかのような錯覚に陥りますね。

それにしても水底でじっとしているとちょっと寒くなってきた。

9873fdd5s.jpg

20分ほどでしょうか。ひたすらエイを見ていました。でもずっと見ていると寒くなってきてちょっと飽きる。

というわけでその後は砂地から離れてウミウシやクマノミの観察。

やっぱりサイパンの海ってすごいなぁって思いました。

7eab5c18s.jpg

最後にこの写真はダイバーの大集団です。私たちの後に来たボートは大集団で潜っていたようです。この場合ロープを水底に張っていてロープ沿いに移動するらしい。やっぱり少人数の方がエイをより近くじっくり見られるのではないでしょうか・・・・。それにしてもすごいですね。20人以上いました。

期待を裏切らない素晴らしいポイントでした。しかも今年は当たり年みたいで100パーセント見られるそうです。これは行くしかないね!

人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  サイパン  |  トラックバック(0)  |  Top↑

 | HOME |  NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。