[PR] PHP みゅう雑記in神戸 ココ島までの長い道のり

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.07.28 (Fri)

ココ島までの長い道のり

まずは関西発の私たちはアメリカン航空で約12時間、アメリカのダラスへ。




アメリカン航空は初めて乗りましたがコスタリカまで乗れば国内航空券がもらえるぐらいのマイルが溜まるということで空港のカウンターでマイル登録をお願いしました。機内食はかなり微妙・・・でしたが、アメリカン航空の機体はエコノミーでも結構広めで楽でした。

ダラスへ着くと一度アメリカに入国します。緑色のトランジット用の入国カードを書きます。
写真とか指紋とかとられるのに少し抵抗がありますが仕方ないですね。
乗り継ぎは2時間ほどしかなかったのに結構時間がかかってしまいました。
飛行機は前のほうの席を指定して早めに降りたほうがいいみたいです。

その後コスタリカのサンホセ行きで約4時間。
もうサンホセに着くころには夜になっていましたが予想に反してサンホセの町は明かりが多くて夜景がとても綺麗でした。

空港からサンホセの街中へいく中間あたりのベスト・ウェスタン・イラズホテルで一泊します。(ホテルの写真はホームページを見てください。多分近いうちにUPしますので・・・)

さて翌日午前中にサンホセを観光したら14時半にホテルピックアップでバスに乗ってプンタレナスの港まで。約2時間半ほど。
港にはオケアノス・アグレッサー号が泊まっています。初めて見た感想は「意外と小さい船だなぁ」って感じでした。

港を18時半頃出港。ココ島までの距離約400キロ。35時間の船旅・・・って思ったら結局42時間もかかってしまいました(笑)
船は湾内ではほとんど揺れませんでしたが、外洋に出てしまうとかなり揺れます。揺れ自体はそんなにたいしたことないんですが、これが2日も続くとさすがに辛いです。私は部屋でカメラのセッティングをしたりパソコンをいじったりする予定でしたが結局ほとんど横になっていたので何もできませんでした。シャワーを浴びるのも一苦労です。シャンプーがゴロゴロとバスルームをどんどん転がっていきます。立っているのもやっとの揺れなので手すりにつかまりながら・・・。こんなに大変なシャワーは初めて(笑)
船酔いしない人でも酔い止めは飲んだほうがいいかも・・・って感じです。

実際行きの船旅はかなり辛くて正直ココ島のツアーに参加したことをちょっと後悔してしまいましたが、ダイビングやゲストの人たちと楽しい時間を過ごせたことと、帰りの船は意外と揺れなくて快適だったので来て良かったなぁって思いました。




やっとココ島に到着です。
到着の余韻に浸る暇もなく早速ダイビングです。相変わらず船酔いは治りませんでしたが海に入ったら治るかなぁ・・・なんて思いながら。

スポンサーサイト
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  コスタリカ・ココ島  |  トラックバック(0)  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。