[PR] PHP みゅう雑記in神戸 さよならココ島 イルカが出た!

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.09.21 (Thu)

さよならココ島 イルカが出た!



さてダイビングが全て終わると慌ただしく片づけを。
片づけが終わったらまた大航海の始まりです。行きは40時間だったけど帰りは36時間ぐらいだったかな?帰りの船はあまり揺れなかったので酔い止めは1度しか飲みませんでした。

ダイビングも終わったしビールを飲みながら(生ビール飲み放題)至福の時。ココ島は毎日雨が降ったり曇ったりでほとんど日が射すことはなかったというのに、ココ島を離れたとたんに快晴。海の青色も透明度もすごい。このあたりで潜ったほうがいいんと違う?これもやっぱりあの独特なココ島の地形に関係するのでしょうか?本当に不気味な島です(笑)

デッキでくつろいでいるとなんか沖の方から塊が近づいてきた。イルカだ!早速下にいるゲストを呼びに行ってイルカ鑑賞。




船の船首に寝そべってイルカを見ていました。船の推進力にのってくるイルカ。動画の前半は船首部分を泳ぐイルカです。後半部分はイルカのジャンプです。

イルカって面白い。一匹がジャンプすると他も競い合うようにどんどんジャンプ。小さい子供を連れた親子イルカもいました。何時間見ていても飽きません。最後まで楽しませてくれるココ島。

この後ダイビング中にガイドさんが撮ったビデオの鑑賞会。いつも自分が撮る側だから自分が写っているのはなんか嬉しい。ゲスト一人ひとりの表情がなんとも輝いていて楽しい時間だった。(静止画は無料、DVDは有料)


夕暮れの海。船から見える景色は360度海。ココ島へ行くまでの道中には島がありません。

夕食の後はコスタリカ人のクルーに教えてもらいながらサルサを踊った。これがすごくいい汗かけて楽しい♪

夜中の1時ごろプンタレナスの港へ帰還。朝になるのを待ってサンホセの空港へ。サンホセからは私はアメリカン航空だったのでアメリカのマイアミで1泊、翌日ダラスで乗り換えて関空に帰りました。

スポンサーサイト
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  コスタリカ・ココ島  |  トラックバック(0)  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。