[PR] PHP みゅう雑記in神戸 御影高杉のケーキと葉加瀬氏コンサートの感想

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.11.10 (Thu)

御影高杉のケーキと葉加瀬氏コンサートの感想




葉加瀬氏のコンサートの日に友人がうちに泊まりに来ました。その時に持ってきてくれたのが御影高杉のケーキ!!しかも先月誕生日の日に体調不良でお粥しか食べられなかった私のために誕生日ケーキを買ってきてくれたんです。もうすんごく幸せでした。

ろうそくを立ててお祝いしてもらいました。本当にありがとね!!

まずケーキを見てフルーツの盛り方とかすごくお洒落だなぁって思いました。4等分にして食べたんですけどすごくケーキはボリュームがあります。生クリームがすごくコクがあってまったりしているんですが甘さは控えめ。大人が楽しむ味だなぁって思いました。ケーキの断面はスポンジとクリームが美しく何層にも重なっていて本当に美しいです。ケーキって芸術作品だよね。

これからクリスマスのケーキをどこで買おうか迷っている人には超おすすめケーキです!神戸や大阪のデパ地下で買うことができるそうです。

■御影高杉


この下は葉加瀬太郎氏のコンサートの感想です。ネタバレはしていないと思いますが念のためこれから行くって人は読まないほうがいいかもです。

【More】

この下はコンサートの感想です。読んじゃって大丈夫ですか?


















期待に胸を膨らませて1年ぶりの神戸国際会館こくさいホールへ。今回は私の友人1人とその友人2人の計4人で行きました。私以外は皆大阪の人。大阪でも公演がある中何故神戸に来るのか??それはこくさいホールが新しく、素晴らしい音響設備、客席とステージの距離が近いなどの素晴らしい要素が合わさっているからなのです。葉加瀬氏も毎年のようにコンサートでは言いますが「神戸が一番綺麗な音が出る。神戸の皆さんはこのホールを誇りに思ってください」と。
もうこう言われる度に私は感無量であります。

当日18:00開場、18:30開演ということで現地に着いたのは18:00すぎ。もう国際会館の前は始まる前からすごい人だかりで熱気に包まれていました。もうこの雰囲気の中にいるだけでもかなり感情が高まってきます。

中に入ると開演前に友人がパンフレットとケイタイのストラップを購入。このパンフレットには出演者のオフショット写真が満載でありましてこれを見てまだコンサートも始まっていないと言うのに彼女と私はすでにかなりテンション高め。ファンの人は必見ですよ!会場では葉加瀬氏のグッズやCD・DVDなども販売されています。CDをその場で買うと握手権がもれなくついてくるのです。まぁ彼女はすでに全てのもの(楽譜も)を持っていましたが(笑)

席に着くとなんと真ん中のかなりステージに近い席でした。さすが熱烈ファンな彼女だ!!この位置ならかなりじっくり見ることができそう!とすごく嬉しくなりました。友人よグッジョブ!

今回の目的は葉加瀬氏のコンサートだったのでもちろん葉加瀬氏を観に行ったのでありますが・・・。葉加瀬氏の魅力はもう皆さんテレビなどで御存知ですよね?今回は葉加瀬氏をサポートする面々・・・チェロの柏木広樹氏・ピアノの榊原大氏・アイリッシュ・フィドル(バイオリン)の功刀丈弘氏を堪能するためでもありました。

舞台の幕が開いて葉加瀬氏が出てきました。昨年よりも髪型のくるくるがパワーアップしているよ。(ツアーのときはいつもキツめにかけるそうです・・・笑)おお!!顔の表情までよく見えるわ~とちょっと感激。第一部は新CDVIOLINISM with Loveから。

正直情熱大陸のイメージがあるのでCDを聴いたときにはちょっと物足りない感じがしたんですけどバイオリンとチェロとピアノだけで奏でる音は想像以上に迫力があって余計な音が入らない分それぞれの音を本当に身体一杯堪能することができました。葉加瀬氏のバイオリンはどっしりと聴かせてくれたし、しっとり艶のある柏木氏のチェロにはうっとり・・・。榊原氏の静かであって時には情熱的なピアノも素敵でした~。クラシックで足のステップは踏まないかな?と思ったら思いっきりステップ踏んでるし(笑)

2部も新曲を中心に。そして事前に知らされていたVIOLINISM 2も予習をしていっていたのでじっくりと楽しめました。

中でも2部の途中から出てきた功刀丈弘氏!!私は彼の大ファンでありまして・・・(笑)昨年は功刀氏は葉加瀬氏の前に演奏という形でしたが今年は一緒に!というなんとも贅沢な競演。
葉加瀬氏はモチロンのことなんだけど功刀氏もお客さんを楽しませてくれるのがすごくうまい。彼が出てきてあっという間に引き込まれちゃった。

今回はどちらかというとアコースティックライブという感じで静かにしっとりと・・・みたいなのだったけど終盤どんどん盛り上がりを見せていました。4人が本当に信頼しあって楽しんでいるのが客席まで伝わってきて胸がジーンとしてきちゃいました。

それにしても功刀氏は葉加瀬氏にどうやってフィドルを教えたんだろう~??それもすごく気になるところですが(笑)

公演が終わると魂抜けた~。というぐらいめちゃ充実の時間でした。この時間を演奏者の皆さんと一緒に過ごせたっていう満足感で一杯です。

ほんとはねもっと突っ込んだ感想を書こうと思ったんです。でももう友人と語りつくしちゃってかなり満足モード入ってしまっているのでなんかアバウトにしか書けていません・・・。

昨日は友人が持ってきた昨年のコンサートツアーのDVD(What A Day...)を観ながら音楽談義。(このDVDがオフショット満載で出演者の素顔が見えていいんです。借りてもう3回も観てしまった)もうここまでくるとオタク入ってます。

葉加瀬氏は今年でデビュー15周年。ということは必然的に私もファン歴15年・・・。クライズラーの頃から今も変わらずずっと好きです。今も昔も変わらずファンを楽しませてくれる姿勢や素晴らしい音楽を提供してくれたり、常に新しい分野に挑戦されている彼を本当に尊敬します。これからもたろちゃんにずっとついていくからね!

そして最後に葉加瀬ライブをもっとマニアック??に楽しむためのCDだけピックアップ。

まずは柏木広樹氏の航海記。これは前回のコンサートでも演奏がされたので有名ですが今回の葉加瀬氏のCDにはこの柏木色がかなり濃く出ていると思います。昨年航海記を演奏した葉加瀬氏が演奏後「柏木・・・ホンマええ曲作るなぁ~」って言ったのがすごく印象に残ります。来年春に発売予定の次回作が今から楽しみで楽しみで・・・!!

次は今年の夏私が家にいるときにエンドレスで聴きまくったPiano+。もうこのCDは私の中では大ヒット。パワフルな大ちゃんの魅力満載でもう私はこれにやられました~。来年の1月に彼のコンサートへも行く予定。むふふ。

そしてアイリッシュ・フィドルを知らなかった私に昨年衝撃を与えた功刀丈弘氏のザ・マン・ザ・フィドラー。これはもう本当にはまったCDです。バイオリンからこんな音が出るのって本当に私には衝撃でした。今年こそは京都のFieldでフィドルを堪能したい(ギネスも堪能したい)と思っています。

最後に・・・。オタク仲間の友人よ・・・。本当にありがとう。来年もまた行こうね~。今から楽しみにしています。

スポンサーサイト

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  神戸(三宮)  |  トラックバック(0)  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。