[PR] PHP みゅう雑記in神戸 大成功!脱レトルト☆エビのチリソース 

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.09.27 (Tue)

大成功!脱レトルト☆エビのチリソース 

れいほうさんのブログのエビチリの作り方を見て私はああ~今日は絶対エビチリ!!って決めてました。だってエビチリは大好物なんですもの。だけど自作せずにいつもレトルトを使って「ま・・・家でやったらこんなもんでしょ」と諦めてました。でも今日は自作ですよ~。



いつもエビはブラックタイガーでちょっとお高いのを買ってました。だって高いほうが美味しそうな気がしません?で、出来上がりはつも「エビが生臭くて固くてプリプリ感ナシ!!」って感じのいわゆる家庭の味・・・って感じだったんですね。
そこでエビの下ごしらえをれいほうさんのブログの通りにやってみたところすごかった!エビはホワイトタイガー(インドネシア産)解凍 中ぐらいのが20尾入って380円。安!こんな安いエビ初めて買いました。なのに!!いつもより美味しくできるんだから・・・。

旦那に何も言わずに出してみたところ「いつもと違う・・・!今日はどうやって作ったん??」と。さすが味にはかなりうるさいうちの旦那。
まずエビのプリプリ感が違うんですよ。全然固くなってない。やっぱブラックタイガーはエビチリには向いてなかったんだ。そうなんだ。そしてエビの味が濃い。濃いんだけど臭みはなくて旨味がエビの中に凝縮って感じなんです。



エビチリのソースもれいほうさんの通りに。ただしうちは辛党なので神戸の中華街にある中華食材の店廣記商行さんの四川豆板醤を使って、さらに唐辛子を入れてピリ辛に。ピリ辛なんだけど辛いだけではなくて旨味があるんですよね。
ケチャップは酸味の多いハインツを使ったのでどうかなぁ・・・って心配になりましたけど、この酸味がさわやかで意外にも中華に向いているんだって再発見。

エビは下ごしらえに10分ほど、放置プレイ(笑)いわゆる冷蔵庫に寝かせて2時間とちょっと時間的には手間がかかってしまうんですが、時間さえあればすごく簡単にできます。卵白・片栗粉に重曹(タンサン)を入れるとちょうどエビの卵白揚げで泡立てたときのように卵がふわっとするんですね。ここで旨味凝縮ってワケです。

付け合せの青梗菜は塩と油を少々入れたお湯でさっと茹でます。油を入れると表面が光って色よく茹で上がります。これにエビを巻いて食べてもイケます。とにかくご飯が進む一品です。

とここまで引っ張っておいてレシピはないの??って言われちゃいそう。でも今日はレシピは載せません。れいほうさんの話術が面白いブログへ是非足を運んでみてください。すごくわかりやすく書かれています。

玲舫's Blog! 乾焼蝦仁の作り方


スポンサーサイト
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  中華  |  トラックバック(0)  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。