[PR] PHP みゅう雑記in神戸 ペルー旅日記 クスコから列車(ビスタドーム2)でマチュピチュへ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.26 (Sat)

ペルー旅日記 クスコから列車(ビスタドーム2)でマチュピチュへ

さて、いよいよ今回の一番の楽しみだったマチュピチュへ。

マチュピチュへは列車で行きます。せっかくなのでビスタドームに乗ることに。朝の6時発のビスタドーム1、7時発のビスタドーム2があります。ビスタドーム1に乗って日帰りする人が多いみたいです。

前日にチケットを買いに行ったらビスタドーム1は売り切れ。7時発の列車になりました。


タクシーでサン・ペドロ駅へ。


ビスタドーム2に車内です。


車内の窓は大きくて眺めがいいです。天井にも窓があるので車内は明るいです。


列車は7時ちょうどに出発。車窓からはクスコの赤い屋根が見えます。


はじめは上り坂がきついのでスイッチバックをしながらゆっくり上っていきます。


しばらく走ると朝食が出ます。

クスコの高山病も慣れてきて楽になってきた・・・というものの、やっぱり身体は結構ダルくて、途中に雪山が見えたり、川沿いの景色が綺麗だったりしたのですが、写真を撮る元気もありませんでした。

途中までは結構寒くて、ジャケットを着ていたのですが、だんだん外の景色が南国のジャングルっぽい緑の色が濃くなってきた頃、暑くなってきてTシャツ1枚になりました。そして嬉しいことに標高が3400メートルから2400メートルに降りてきているので急に元気が出てきました。不思議だなぁ・・・。


クスコから4時間。11時にマチュピチュ(アグアス・カリエンテ駅)に到着です。駅を降りると山にはまだ少し霧がかかっていて空気が美味しい。


駅を出るとお土産を売る民芸品マーケットがあります。


駅を出るとあっという間に宿の客引きに囲まれてしまいました。マーケットの前の橋を渡るとマチュピチュ村です。


宿は目星をつけたところを何軒か周ったけど気に入ったところが無かったので、結局は一番最後まで粘って離れなかった客引きの少年の所を見せてもらいました。部屋は割りと綺麗でシャワーが結構出ます。(←シャワーが決め手)15ドルだったので決めました。

さすがに標高が下がったとは言え、荷物を持って坂を上がるのは結構キツイです。クスコにはまた戻るので、大きな荷物はクスコの宿で預かってもらいました。


とりあえずマチュピチュ村を散策。線路の方まで降りてみました。


線路沿いのレストランへ入ることに。結構ピザのお店が多いのだけれど、どこのお店も石釜の中で薪が燃えています。飲み物はクスコでは飲めなかったクスケーニャビール。標高が高いところでお酒を飲むと私はすぐ頭が痛くなるのでクスコでは控えていました。一応インカコーラも。インカコーラもお気に入りで毎日飲んでいました。


トマトスープとピザマルガリータを。トマトスープは濃厚。ペルーでは結構どこのお店でも食べられるのですが、お店によって味が違うので気に入ってよく食べていました。ピザはさすがに釜で焼いただけあって生地が香ばしくてパリパリ。とても美味しかったです。

PB122446.jpg
この後観光案内所でマチュピチュのチケットとバスチケットを買っていざマチュピチュへ!

次のページへ


スポンサーサイト
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  ペルー・ボリビア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。