[PR] PHP みゅう雑記in神戸 ペルー旅日記 マチュピチュから列車(ビスタドームⅠ)でクスコへ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.02 (Sat)

ペルー旅日記 マチュピチュから列車(ビスタドームⅠ)でクスコへ

マチュピチュを堪能した私たちはクスコへ帰ります。チケットを取ったときに行きはビスタドームⅡになりましたが、帰りはビスタドームⅠで帰ることが出来ました。(地球の歩き方に往復同じ電車で無ければならないと書かれていましたが・・・)


ビスタドームⅠは朝から日帰りの人も多いみたいでした。列車の中は作り付けのテーブルが無くて全ての席が進行方向を向いています。


途中お菓子のサービスがありました。ケーキはものすごく甘かった・・・。コカ茶をいただきました。


途中雪山を見ることができました。


途中電車が駅に着くと窓越しにお土産売りの人が来ます。


お茶が終わった頃に音楽が鳴って列車の乗務員による踊りやファッションショーが始まります。


アルパカのセーターやポンチョなどを着て車内でファッションショー。車内は拍手が起こり、カメラのフラッシュがあちこちで光り、とても盛り上がります。ファッションショーで実際に来ていた商品は車内で買えるようになっています。面白かったです。


だんだん車内は標高が上がっていくので少しずつ寒くなり、私はやっぱり心配していた通りまた高山病で頭痛がしてきました。周りの年配の方は相変わらず盛り上がっていたのでちょっと羨ましかったです。クスコに着く直前には日が暮れてクスコの夜景を見ることができます。途中列車の中の電気を全て消してくれるので夜景が浮き上がってきます。

15時半にマチュピチュを出て19時40分クスコに着きました。

クスコに着いたらまた同じ宿へ戻りました。(大きな荷物を預かってもらっていました)


夕食は中華のお店へ。表の中華鍋を持った男性の大きな写真・・・(笑)本当に彼が中で作っていました。余談ですがこのお店、プーノにもありました。


ワンタンメンとチャーハンをたのみました。ここの中華がペルーでは一番美味しかったです。洋食に飽きた舌にはたまりません。

翌日は電車でプーノへ行くので早めに休みました。

次のページへ


スポンサーサイト
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  ペルー・ボリビア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。