[PR] PHP みゅう雑記in神戸 ペルー旅日記 アンディアン・エクスプローラでクスコからプーノへ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.03 (Sun)

ペルー旅日記 アンディアン・エクスプローラでクスコからプーノへ

クスコからプーノへは列車で行くことにしました。アンディアン・エクスプローラのここはちょっと奮発してファーストクラスで。


まずは始発のワンチャック駅へ。手荷物だけを持って大きな荷物は(バックパックも持ち込めませんでした)預けます。


一番前はディーゼル車、最後尾は展望車になっています。


車内はこんな感じです。一応チケットを買うときに席は決まっているのですが、実際は来た順番に好きな席に案内してもらえます。4人席と2人席があります。私たちは2人席を。4人席で相席になる場合もあるので駅には早めに着いたほうが良さそうです。

8時にクスコのワンチャック駅を定刻通りに出発です。
出発してすぐに朝ごはんの注文を聞きに来ます。朝ごはんは別料金です。チーズバーガーを食べました。とても美味しかったです。


サロンカーと展望車です。食事が終わると皆展望車に移動していきます。


車窓からの景色です。


展望車の最後尾はバルコニーになっています。ピスコサワーが振舞われます。朝からお酒を飲んで・・・。最高の贅沢ですね。


ピスコサワーでほろ酔いになったところでファッションショーが始まります。モデルのお姉さんは美人!顔が小さくて足が長い!お姉さんが着ているセーターは購入できます。


刻々と景色が変わっていきます。列車の速度は遅いので景色もゆっくり楽しめます。


サロンでは催しがいろいろされていて飽きません。


列車はラ・ラヤ駅で15分ほど停車。ここはこの鉄道の最高地点で標高4319メートル。富士山よりも高い場所にあります。チベットのラサ鉄道が出来るまでは鉄道の世界最高峰でした。


駅と言っても特に周りに何があるわけでもないのですが、周りにはお土産を売る市が出ています。


山と山の間からは雪山が見えます。標高が高いので寒いのかな?と思っていましたが、晴れているので太陽が近いと言うか・・・。日差しが結構強かったです。空気の薄さは、不思議とあまり感じませんでした。


PERU RAILの文字が。


お昼ごはんの時間になりました。ランチはついています。前菜は選べます。両方食べてみたかったので違うものをチョイス。


メイン料理です。電車は結構揺れるのに、その中でこんなに綺麗に盛り付けされて出てくるとはビックリしました。味もとても美味しいです。


ちゃんとデザートもついてきます。


外にはのどかな景色が広がっています。

さすがに朝から車内をあちこち動き回っていたので食後はお昼寝タイムの人が多かったです。私も・・・。


16時ごろ。お昼寝から目が覚めたころ、ハッピーアワー(確か半額だった)ですよ。とドリンクメニューを乗務員が持ってくる。商売うまいなぁ~。と言いつつ、ペルーレイルというオレンジとピスコ(ペルーのブドウ酒)のカクテルを飲みました。
カクテルを飲み終わってうつらうつらしたところで17時ごろ、アフタヌーンティーの時間です。至れり尽くせり。


だんだん日が暮れてきました。夕暮れの車内。


18時すぎプーノの駅に到着しました。クスコからプーノまで約10時間の長旅でしたが、常にゲストを楽しませる仕掛けがいろいろとあったので全然退屈しませんでした。列車のスタッフは素晴らしい接客でとても気分が良かったです。これはオススメです。

荷物をもらって駅を出ると一気に現実に戻されます(笑)宿の客引きに囲まれてしまいました。もう少し余韻に浸りたかったなぁ・・・。

次のページへ


スポンサーサイト
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  ペルー・ボリビア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。