[PR] PHP みゅう雑記in神戸 ボリビア旅日記 ボリビアの首都ラパス

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.10 (Sun)

ボリビア旅日記 ボリビアの首都ラパス

一晩ホテルで休んで何とか体調回復。ボリビアの首都ラパスは標高3500メートル。まだまだ富士山よりも上です。そろそろ高地の滞在も10日がたちましたが、私にはどうも高山病のダルさと頭痛が治らず。何日かいれば慣れるらしいですが、日本を出てもう1ヶ月以上。身体の疲れもピークなので、余計にダメなのかもしれません。

せっかくボリビアまで来たのだから少しは外も歩かないと・・・。と思い、かばんを肩から斜めがけにして出掛けようとすると、フロントの人に「そのかばんは危ないよ」とかばんをハサミで切るジェスチャー。ラパスはかなり治安が悪いみたいです。とりあえず使うだけのお金をポケットに入れてカメラは袖の中に隠して出ました。

ボリビアの治安は場所にもよるかもしれないけど、旧市街は結構危ないかも。確かに旅行へ行くと素晴らしい景色を見たりして感動するんだけど、感動している間にカメラを盗られた!!と日本人宿で何度か聞いているので、外に出ている間は一瞬たりとも気は抜けません。首絞め強盗もよくあるらしいです・・・。やはり日本と同じ感覚ではいられません。


まずはホテルのあるサガルナガ通りからすぐの通称魔女通りへ。なんだか魔女の儀式(?)に使いそうな怪しいものがたくさん。写真はリャマの胎児のミイラ。(嫌いな人は写真は拡大しないほうがいいかも)


サガルナガ通りを下りて行くとサンフランシスコ教会。その前は広場になっています。


教会の中を見せてもらいました。


旧市街のほうを歩いてみました。街がすり鉢状(真ん中が凹んでいる)になっているので、どこへ行くのも坂ばかり。空気が薄いのでこの坂がかなりキツイです(笑)


なんとか頑張ってムリリョ広場に到着。

 
ムリリョ広場のカテドラルです。


もう少し歩いて街並みの綺麗なハエン通りへ。カラフルに塗られた壁がかわいい。


ハエン通りは足元もかわいい。この辺りをゆっくり散策。雨が降ってきてさすがに疲れてきたのでタクシーでサンフランシスコ広場まで戻ってホテルで一休み。やっぱり高山病が応えます。


お昼ごはんはさすがに米が食べたかったので、新市街へ行って韓国料理を食べることにしました。ここのお店韓国人のお母さんがやっています。


とにかくお米が食べたかったので石焼ピビンバを。やっぱりお米の国に住んでいるのでお米が美味しい。ここのお店付け合せのキムチなども美味しかったですよ。


新市街は特筆するものはなし。オフィスビルがたくさん建っていました。新市街からバスで旧市街へ移動。だんだん日が暮れてきて夜になると街のあちこちにマーケットが出ます。


お店は食べ物屋台から日用品までいろいろ。歩いてみるだけで面白いです。


夜ごはんはナイトマーケットが出ている通りでやたら地元の人で混雑していたフライドチキンのファストフードへ入ってみました。お客さんが多いだけあってとても美味しかった。日本人の私たちは二人でこれ1つ。周りを見ると私より小さな子供もこれより大きいサイズのチキンを一人一皿。そしてテーブルには炭酸飲料(甘いヤツ)の1リットル入りのペットボトルが・・・。だから南米の人は体格がいいのか。と一人納得。


食事の後は夜景を見に行きました。写真があまりよくないですが、ラパスの夜景はとても綺麗でした。


ボリビアって面白い。ラパスは特に。でもやっぱり高山病で体調が優れない。もう少しボリビアは足を伸ばしていろいろ見たかったけど・・・。断念。このままでは余計に悪くなりそうだったので泣く泣く標高の低い場所へ降りることにしました。

次のページへ

スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー - ジャンル : 旅行

人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  ペルー・ボリビア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。