[PR] PHP みゅう雑記in神戸 ペルー旅日記 イカの考古学博物館

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.15 (Fri)

ペルー旅日記 イカの考古学博物館

イカに来た目的。普通はナスカの観光に絡めて行く場所で泊まる人はあまりいないようですが・・・。人体の不思議展大好きな私たち。ペルーにもミイラや脳外科手術を施した頭蓋骨を展示してある場所がある・・・と聞いて「絶対に行こう!」と。行きのリマからナスカへ行くときにバスの車窓から見た景色が素敵だったから・・・とそんな感じです。

実際イカは行ってみて良かったなぁ~と思いました。砂漠の街なんだけど、ナスカほど観光地化された感じが無く、街の人も素朴で優しいです。(そのかわりスペイン語しか通じませんけど・・・)

さて、ボリビアのラパスから23時間バスに乗ってイカまで来ました。高地から低地に降りてきたので驚くほど身体が楽。ホテルに入った後急激にお腹が空いたので遅めのお昼ごはんへ。


高地では胃腸の動きが弱って消化不良に陥っていたのですが、低地に降りれば久しぶりにお腹が「グ~」っと元気に鳴るのです。そこでガッツリとチキンをいただきました。お気に入りのインカコーラと共に。

お腹がいっぱいになったらますます元気に。なんであの10日間は死んでいたのだろうと不思議になるぐらい元気。久しぶりに走ってみたり・・・。まだまだ元気が有り余っているので早速観光へ。


インドで見かけたようなこんな三輪の車がイカには走っています。考古学博物館まで乗ってみました。


考古学博物館です。人が全然いなくて閑散としています。鮮やかな模様の土器や、日本では考えられないような目の覚めるような色をした織物など。昔のものがそのままの色で残っていることに感動。

その後はひたすらミイラを眺めていました。ペルーは湿気が無くて乾燥しているので、まるで「生きているの?」というぐらい皮膚感がリアルで、髪の毛なんか当時のまま。ちょっと不思議な気分で見せてもらいました。その後は、脳外科手術を施した頭蓋骨を見ました。ちゃんと手術をした後に生存した跡(骨が穴をふさごうとした跡)が見られて、昔の医療技術の高さにビックリ。素晴らしかったです。

さすがに写真は1枚も撮りませんでした。その分頭の中にしっかりと記憶を残してきました。


その後は街中をブラブラ。


ペルーはどんなに小さな町にも立派な教会があります。


夜ごはんはホテルの近くの中華屋さんへ。店先で中国人のおばあちゃんがワンタンを包んでいました。味もとっても美味しかった。さすがに3週間もペルーへいると食事は飽きてきていますので・・・。

低地に降りてきたので、お酒を飲みたい!と思ったのに・・・。選挙の日なのでどこのお店もアルコールを売ってくれませんでした。明日はリマに戻るのでそれまでの我慢です。

リマではまた行きと同じように過ごしたのでペルーの旅日記はここで終わります。この後キューバへ急に思い立って行きました。バラデロの旅行記は作りましたが、ハバナの旅行記はまだ。また時間を見つけて旅日記に書こうかな?と思っています。最後まで読んでくださってありがとうございました。


スポンサーサイト
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  ペルー・ボリビア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。