[PR] PHP みゅう雑記in神戸 ギリシャ・サントリーニ旅行記 食事編(イア)

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.10.30 (Tue)

ギリシャ・サントリーニ旅行記 食事編(イア)

サントリーニ島のイア地区に泊まりました。滞在中は徒歩圏で周れるイアの街で過ごしました。

景色を見に行ったぐらいで特に何もしませんでしたが、私が想像していたよりも街は大きくて旅行者の私にとっては便利な街でした。ホテルから歩いてすぐのところに日本のコンビニのようなお店が何軒もあって、飲み物やアルコール類、食品、日用品からお土産品まで何でも揃います。


まずは着いた日の夕食。すっかり時差ボケを起こしていて、日が落ちる前から眠かった日。ホテル近くのSKIZA CAFEに入りました。


まずはグリークサラダを。トマト・きゅうり・オリーブの上にフェタチーズが乗っています。チーズが苦手な私にも食べやすい味で美味しかったです。


ピッツァマルゲリータ。大サイズを頼んだら本当に大きかった(笑)なかなか食べごたえがあって美味しかったです。

生ビールと白ワインをグラスで頼んで31ユーロ。観光地の割にはお値頃感ありますね。


別の日の昼間にビールを飲みに行きました。テラスがあって景色がいいです。


よく冷えたビールが美味しかったです。店員さんは皆親切だしいいお店だともいます。入り口にはショーケースの中にスイーツがたくさん並びます。



次の日の夜はKALMAレストランへ行きました。昼間の散歩中にたまたま見つけたお店です。メイン通りから1本入ったところにあって海は見えないけど雰囲気が良くて静かです。結構お客さんが多くて早めの時間に行ったので何とか入れました。夕日を見てから行く場合は予約をしたほうがいいかも。


この日はとても寒くて私はスパークリングウォーターにしました。昼間は夏のようですが、滞在中に1日だけものすごく冷え込む夜がありました。


パンがとてもおいしい。ヨーグルトにバジルを混ぜたソースを塗って。


夫はラムケバブを。


私はムサカ(なす・じゃがいも・ひき肉・チーズを重ねて焼いてある)を。とてもおいしかったです。この日の会計は35ユーロでした。おすすめです。



残りの3日はSKALAへ行きました。


上から見るとこんな感じ。


このレストランは海に面しているので景色がいいです。そして猫がたくさんレストラン内を徘徊しています(笑)


ギリシャのスパークリングワインを飲みました。ワインはハーフボトルがあるので(10ユーロぐらいからだったかな)頼みやすいです。味も美味しい。


水のボトルもかわいい。


パンはどこで食べても美味しいです。


ギリシャトラウトのスモーク。


シーフードパスタ。麺はアルデンテじゃないけど、とても美味しかった!この日は45ユーロ。


翌日、話のタネにサントリーニの地ビールyellow donkeyを。


サントリーニの赤ワイン(ハーフボトル)も。この赤ワインがものすごく美味しくて2日連続で飲みました。


イワシの焼いたの。


スズカキャというギリシャ料理。ミートボールのトマト煮。米のように見えるのはパスタ。この日は45ユーロ。


次の日も行きました。前日隣の人が食べていて美味しそうだったタリアテッレ(クリーム、ズッキーニとチキン)。見た目通り美味しかった。


ラムステーキ。他の肉料理を注文したら売り切れていたので。お肉は若干固いものの美味しかったです。この日は31ユーロ。ホテルに帰ってからレシートを見直してみたらラム肉がチャージされていなかった・・・。

行く前は食事が困るかなぁと思ったけど、リゾート地(ホテルのコスパは悪い!)の割にはお値頃感あって美味しかったです。ギリシャ料理は日本人の口に合うと思います。

ギリシャ・サントリーニへ
Canaves Oia Suites
KATIKIES
KATIKIES 朝食・プール
イアの食事
スポンサーサイト
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  サントリーニ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。