[PR] PHP みゅう雑記in神戸 モルディブ・マンティリ旅日記8 その1 マンタが出た

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.01.24 (Tue)

モルディブ・マンティリ旅日記8 その1 マンタが出た

旅日記の目次ができました。

朝5時半起床。モルディブに来て1週間。


【More】

1本目は最後の望みをかけてDIDO GONIにてジンベイ探し。水温は28.8℃。でも私には少し寒く感じた。私はもうジンベイは諦めていたのでウミウシなど小物探しに没頭。(←実は大物よりもこっちのほうが好き)

DSC00559.jpg




ガイドさんがタンクをカンカン激しく叩くので「ジンベイ出たか?」と思ってみるとホワイトチップリーフシャークの群れ(笑)カメラを構えるのが遅くて3匹しか写っていませんが恐らく7~8匹はいたと思います。サメって結構臆病だからダイバーには近寄ってこないのに結構近くで見られて迫力がありました。

マンティリに戻って朝ごはん。朝ごはんはねご飯派の私にはちょっと飽きてます。パンが好きな旦那はノープロブレムだったんだけど。

朝ごはんを食べ終わる頃船は移動を開始。アリ環礁南部のホリデーアイランド近くから今度は環礁西側を北上。モルディブハネムーナー憧れの地ヒルトン・モルディブ・リゾート&スパ・ランガリアイランド(名前長いので以下ヒルトンと書きます)近くに停泊。

ヒルトン(クリックで画像拡大)


かなり遠くて写真は不鮮明だけど(笑)肉眼では良く見えました。ヒルトンは2つの島を結ぶ長い桟橋が印象的な島です。最高の設備を揃えていながら実は海がすごかったりする!との噂どおりマンタスポット目の前だし!行きたいよぉ。水中レストランあるし~。

2本目はそのマンタスポットであるその名もRANGALI MANTA POINT(名前そのままだけど)。でもブリーフィングの時点ではマンタが出るかどうか微妙・・・って言われたのでどうなることやら?

潜降すると水底一番乗り。その目に見えたのは立派なテーブル珊瑚たち!!




水深が13メートルぐらいと浅かったので水面の光が届くんですよね。光の動きが珊瑚の表面を照らす感じでめっちゃ感動しました。これはすごい。

インディアンバナーフィッシュの群れ

その後深度を下げてマンタのクリーニングステーションへ向かう途中インディアンバナーフィッシュ玉を見ました。これもちょっと感動。




クリーニングステーションに行く前にまず1枚目のマンタが。2メートル以上ある大きな個体で悠々と泳いでいました。

クリーニングステーションに着くとひたすらマンタを待ちます。でもそんなに待たずに7枚のマンタお出まし。その後もちょこちょこと出て結局10枚ぐらいは見れました。(動画は過去記事にあります

ボートに上がるとお祭り状態。皆大興奮でした。他のゲストたちと手を取り合って喜びました。

今日は4本潜ると聞いていたのでお昼ごはんを食べてゆっくりする間もなく1時半すぎに3本目。先ほどと同じRANGALI MANTA POINTへ。入ってみると透明度が悪~い!!

インディアンバナーフィッシュの群れがまた同じ場所に

朝と同じ場所にインディアンバナー玉がいました。

マンタのクリーニングステーションへ付いたけど今度は1枚も出ず。というわけで私は早速小物探しを始める。

小物好きな私を知ったモルディビアンがカエルウオがいっぱいいるスポットへ案内してくれた。カエルウオ探し大好きなんで~。写真は多分イシガキカエルウオかな?英名が分からないんだけど。

カエルウオ君

カエルウオ君のご機嫌を損ねないように(すぐに穴に入っちゃう)にらめっこしながら写真を撮ったり。楽しい~!!こういう時が私って一番イキイキしてる!って後でインストラクターに言われちゃうし(笑)個人的には大満足のダイビングでした。

その2へ続きます。

スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

EDIT  |  モルディブ  |  トラックバック(0)  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。